スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望遠は難しいや その1

「鶴見緑地」シリーズ(笑)も終わっていないのに、万博記念公園に行って来ました。
いやぁ~懐かしいです。
20年ぶりぐらいかなあ。
いやいや、前に来た時はエキスポランドの方だったかなあとか色々と考えてしまいました。

今回は太陽の塔の写真です。
これまた懐かしい!!
お若い方なら映画「20世紀少年」でお馴染みかもしれません。
私は万博にリアルタイムで行った世代です。(こ・・子供の頃ですヨ。^^;)
太陽の塔は2時間ぐらい並んだかなあ。
でも今回久しぶりに行ってみると、当時の面影は本当に太陽の塔ぐらいで、あとの景色は激変していました。

それで写真なんですが、練習のために初めて望遠レンズを持っていきました。
外で使うのも初めてです。
しかし、望遠レンズは難しいですねぇ・・・。


taiyo1.jpg

太陽の塔を正面から移したら羽根?が切れてしまいました。
太陽の塔は入り口を入ってすぐの所にあるので、これ以上離れては撮れないんです。
これ、標準レンズだったら撮れるのになあと思いました。



taiyo2.jpg

つぶらな瞳の太陽の塔です。(笑)
こういうアップは望遠ならではですね。



taiyo3.jpg

後頭部。(笑)



taiyo4.jpg

男の背中!(笑) 男??



後姿は何とか羽根付きで撮れたのですが、結局、正面からの写真は下↓の写真になります。

taiyo5.jpg

携帯で撮りました。
一眼レフ持ってった意味ねーじゃん。(笑)

私には一眼レフも望遠レンズも使いこなすのはまだまだ無理なようです・・・。(^^;)



Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。